不妊治療の吉祥寺中欧・理学気功院

不妊について

不妊に於いて、りがくきこうに通院される方の多くは、産科での不妊治療の経験がある、もしくは不妊治療を受けるためにコンディション調整のために来院される方がいらっしゃいます。そこには不妊治療への不安や苦痛、一回の重みを一人で抱えている姿があります。結果が出なければ、女性側の責任のように捉えられがちで、その負担は計り知れません。結果を待つばかりで、まるで患者さんの成す術がないかのようです。
いわゆる不妊治療は「こころとからだのバランス」にフォーカスされていない。

取り組むべきは、生活の中にたくさんあります。
重要なのは「両親が赤ちゃんに居心地の良い環境(ココロとカラダ)を作ること」

「赤ちゃんを望む理由はなんですか?」

とにかく欲しい。ただそれだけ・・・ですか?

孫の顔を・・・親が・・・夫が・・・友達はもうとっくに・・・。

などなど、周囲の目が気になるばかりで、ご自身の気持ちや思いが感じられないことがあります。
ご主人は単身赴任でずっと何年も離れて暮らしていて、でも親のために産みたいです。と言った方もいらっしゃいました。
ご夫婦は同じ思いですか?

「不妊治療は奥さんだけが頑張るものですか?」

りがくきこうでの施術と不妊治療の両方に取り組む方は、病院での不妊治療に万全で臨みたいご意向から、一回に対する大きなプレッシャーを感じざるを得ません。また、ゴールの見えない不妊治療への不信感から、改めて自然妊娠のご希望する方が多くいらっしゃいます。不妊治療に関しては、女性の精神的負担が大きいため、モチベーションを維持することがとても難しいのです。医師とのコミュニケーションがうまく行かず、不安な時間ばかりが経過しても、セカンドオピニオンとなれば、再検査の重圧が襲って、余計遠ざけてしまっているといった例も少なくありません。「病院に行ってきた?
 と、何度も尋ねられることは、責められているような気がしてきます。
苦しい気持ちをご主人に上手く伝えられない悪循環。
不妊治療(妊活)は二人で乗り越えるもの。

りがくきこうの不妊治療

赤ちゃんには温かい、ふかふかのベッドを用意する。

冷たくて、硬いベッドでは、誰でもゆっくり過ごすことができません。
月経の痛みがあるなしに関わらず、子宮筋腫や内膜症になりますが、婦人科の病名に至らないにしても、こ月経による不調は、月に一度の月経で効率よく内は経血で排毒出来ていないからです。骨盤内の血流が悪く、古い子宮内膜が厚く、現在は固く冷たいベッドしか用意が出来ない。ということになります。月経とは女性が月に一度集中して排毒することですから、効率が上がるよう施術で整えます。

婦人科の詳しい解説は「理学気功」HPをご参考下さい。
今あるこころとからだをきちんと理解する。
月経の効率が上がらない大半の理由を占める「冷えの原は、人それぞれです。
こころとからだの冷えを理解することが非常に重要になってきます。施術の際の検査や施術前後のからだの変化で解説することが出来ます。またその原因もお伝えします。
施術を重ねることで、体内環境を整えて維持できるので、気持ちにも徐々に余裕が出来、たぶん、こころの在り方が変わると思います。

「CASE」あくまでもフォーカスは自分のからだ
妊娠が目的ではなく、第一子のアトピー治療や、ご自身の治療のためにご来院頂いた方が、自然妊娠されること普通にあります。これは症状改善が、気持ちに余裕を与え、ココロとカラダを大きく変えたと同時に、家族にも大きな影響を与えた結果、普通のことなのだと思います。
とにかく夫婦で温活に取り組む
男性は自分が理解していないと取り組めませんので、まずは見本を見せるよう心がけてください。

冷える、のぼせる 衣食住はやめる。
衣 のぼせないよう頭寒足熱
食 冷える食品の大間違いを理解する
住 寒い季節にのぼせない・暑い季節に冷やさない

患者様の声

冷え取りだけでも43歳で女の子出産
冷え取りにご夫婦でコツコツ取り組み、徐々に毒出しが激しくなり、ソックスにすごく穴が開いてばかりの数々の経過を経て。43歳で女の子をご出産された遠方のヒエトロジーソックスユーザー様もいらっしゃいます。

ヒエトロジーソックスの詳しい解説は「理学気功」HPをご参考下さい。
俺たちにも子供って出来るんだ・・・
りがくきこうで受診をし、ご自宅では冷え取りと、ほぼ一日おきに、局部にこんにゃく湿布を行い、奥様はコツコツとよく努力されました。諦めかけていたお二人に、赤ちゃんが出来たと聞いたご主人は「俺たちにも子供って出来るんだ・・」と信じられない様子だったそうです。
裸足と刺身をやめてみた。
東北の三陸海岸にお住いのご夫婦はいつも裸足、食卓には小さい頃からいつも新鮮なお刺身が・・三食も珍しくありませんでした。ただこの食生活と裸足が、からだを冷やす原因でした。容易くはなかったですが、冷え取りをし、徐々にお刺身を減らしていき、やっと止めてみる決心がついて間もなく男の子を授かりました。