吉祥寺中欧・理学気功院のお母さんの声

お母さんの声

お母さんのレポート

あんなに不調だった私が今は二児の母に

高校生の頃に不調が続き、母に連れられ伺ったのが先生との出会いです。お陰様で今は二児の母となりましたが、あの時の不調からは想像できませんでした。母と伺っていた頃は、きっと今の親子セラピーだったのだと思います。その後、妊娠、産後、育児・・を経験する中、今度は自分が子供たちと親子セラピーでお世話になっています。いつも子供たちを温かく見守って頂きありがとうございます。子供たちが伺うと、いろんなものを作らせて頂き、いつも何を作ろうかと楽しみにしています。これからも宜しくお願い致します。
ずっと暗いトンネルにいた私が今は二児の母に

りがくきこうに通っていなければ、まだまだ暗いトンネルの中だったと思います。心より感謝しております。産後少し発熱しましたが、今のところは子宮の収縮痛の波が痛むくらいです。長い間、赤ちゃんを育ててくれた子宮に感謝だな、と思えたら、痛みが和らぐ感じがしました。医療用の靴下を履かされているので、その上から冷え取りソックス履いています。化繊のストッキングは気持ち悪くて、早く5本指ソックス履きたいです!みなさまにはこれまで本当にいろいろとお世話になりました。体質改善できたのも気功のおかげです。ありがとうございました。二人目も授かりこれからは二人の子育てを楽しみたいと思っております。
自分の理想が息子を苦しめていた

元気だけがとりえだった息子が突然頭痛を訴え学校にいけなくなり雪の降るなかママチャリに息子をのせて色んな病院をまわったこと。たらい回しされた後、起立性調節障害と診断されましたが根本的な原因がわからない病気だといわれ。途方に暮れていたのが嘘のように息子は元気いっぱいになりました。
親子セラピーを受けて自分の理想が息子を苦しめていたのだなーと痛いほど実感しました。息子の気持ちをつみとる声かけしかしてなかったことにも気付きました。焦らず息子の気持ちを汲み取る言葉のキャッチボールをしていきたいなーと思ってます。これからも親子ともども宜しくお願いします。
育児に悩んで親子セラピーへ

最初は私一人で診て頂いておりましたが、カラダの毒、心の毒が症状に現れるとすると、2歳の娘との関係性が気になってきました。子供のわがままに対してイライラしてしまって、どうしたら良いか分からない時があり、親子セラピーを受けさせて頂きました。娘はビーズでブレスレットを作ったり、ハサミもうまく使えるようになり、いつも楽しみにしています。私の母の叱り方に対するトラウマも切り離して考えられるようになり、子供にはたくさんわがままを出してもらって、受けとめてあげられるようになりたいと思えるようになりました。お陰様でもう一人元気な男の子を授かることも出来ました。今では娘にも助けられ育児が出来ています。二人の成長が楽しみです。
立ち会う間もなく生まれました!

娘の生まれた時の体重が2470g。小さかったせいか陣痛が始まって3時間くらいで産まれました。自分は出産に立ち会う予定でしたがあまりにも早く産まれたので間に合いませんでした・・・
(深夜くらいになると聞いていたので午前中仕事して、午後、半休取って病院に向かっている途中でした)冷え取りのおかげで小さく産まれてくれたようです。色々とありがとうございました。落ち着いたころ、母子ともに伺います。引き続き、よろしくお願いします。
親子の繋がりとしか言いようがない。娘まで授かりました。

生後2ヶ月より湿疹に悩まされ、一時期ステロイドの利用とその離脱に、息子には大変な苦労を掛けてしまいました。親子セラピーにて体質改善のヒントを頂ければと思って伺いましたが、その後たくさんの貴重な経験をありがとうございました。毎日半身浴を息子と一緒に続けると、先生がおっしゃった通り、排毒のためか湿疹が全身に広がってきました。また、その後息子と私の体に、同じような発疹が出てきました。同じタイミングだったので不思議でしたが、母子の繋がりとしか言いようがありません。私も息子も排毒がスピードアップして、少しずつ良くなり、すっかり改善しました。生活指導もして頂いたお陰です。息子の症状が落ち着いたと思ったら娘も授かりました。きっと息子の改善がなければあり得なかったと思います。ありがとうございました。
手術だなんて頭が真っ白になりました

子供が大きな鼾(いびき)をかくようになり、鼻詰まりで苦しそうにしているような状態が3ヶ月程続いたので、検査を受けると、扁桃腺アデノイド肥大との事で、手術の予定まで告げられてしまい、こんなに小さな子供にいきなり手術だなんて頭が真っ白になりました。特にこれと言った薬もなく、焦りと不安でいっぱいになりなした。そのころ私は仕事も忙しく、頭痛や腰痛、血尿イライラも強かったと思います。自分では毒出しがうまく行っていないからだな・・と思うところがあって、先生にお問い合わせし、親子セラピーを受けることにしました。乳製品・甘いもの・生ものを控え、二人で半身浴に取り組みました。二週間を過ぎた頃、鼾(いびき)が減っていることに気づき、次に先生に診て頂く間ずっと、とても大きな声で話したり笑ったり踊ったり、今まで貯めていたものが噴き出したかの様子でした。私の不調を感じ取って静かにしてくれていたんだな・・。子供に『ごめんねー』と、ただただ思いました。親子の繋がりを再確認出来ました。今はもうすっかりエンジン全開で元気にしています。